遺言を偽造した兄の相続権はどうなるか - 相続の基礎知識

初回無料相談
まずはお気軽にご相談ください

全国対応可

アクセス

このケースの問題点

「遺産は全て兄に相続させる」という父の遺言書が兄の偽造だと発覚、その後兄は法定相続分を主張し始めました。

兄は、この相続に関して相続欠格者にあたり、裁判所の手続をするまでもなく、相続権を失うことになります。

相続欠格とは、相続において不当に自己の利益を図った相続人への制裁として、相続権を失わせる制度です。
生命に対する侵害をした者、遺言に対する侵害をした者が相続欠格者にあたります。
前者は、被相続人や他の相続人を死亡させて刑に処せられた者です。
後者は、遺言書を偽造した者のほか、遺言書を捨てたり、隠したり、また、被相続人(今回の場合は父)を強迫して書かせた者などがあてはまります。
ただし、兄が相続欠格者として相続権を失っても、兄に子がいれば、その子が代わりに相続権を取得します。

初回無料相談
まずはお気軽にご相談ください

  • 土・日・祝日も受付中

  • 平日の夜もご相談可能

  • 全国対応可

  • 税理士法人アイユーコンサルティング 事業承継サイト
  • 顧問先の相続・事業承継問題にお悩みの税理士の先生方へ… IUダイレクト
  • 税理士法人アイユーコンサルティング Facebook
  • 税理士法人アイユーコンサルティング LP
  • 無料で簡単 3ステップ簡単見積もり
  • IU相続クラブ
  • アイユーミライデザイン
  • 相続問題で頼りになる税理士セレクト100
  • メディア取材の問い合わせ
  • リクルートサイト
  • リクナビ
  • マイナビ