生前贈与として生命保険を活用した納税資金の確保 - 相続の基礎知識

アクセス

相続の生前対策において、生命保険は納税資金の確保として多く活用されます。また、非課税枠が設けられており、節税効果もある非常に有効な方法です。

10_01

相続財産の中に現金が少ない場合は、事前に生命保険に加入していれば生命保険金を相続税の納税資金に充てることができます。

10_02

このような場合、受け取った保険金には相続税が一切かからず、2,000万円は納税資金に充てる事ができます。

生命保険の非課税限度額は【500万円×法定相続人の数】で、非課税限度額までは相続税の対象にあたりません。保険金が非課税限度額までは、最低限加入すべきであるといえます。

10_03

相続税がいくらかかるか知りたい
相続税の申告が必要なのか不安
相続に向けて事前に対策しておきたい
などのお悩み・疑問に対し、
無料相談(初回のみ)を受け付けております。

お急ぎの方はお電話でも対応しております。

TEL 0800-111-7520 全国対応可
受付時間 9:00~18:00 全国対応可

相続発生時の費用軽減に備えたい方はこちら