節税について

  • 相続問題で頼りになる税理士セレクト100
  • メディア取材の問い合わせ

お問い合わせ

0800-111-7520 受付時間 平日9:00 - 18:00

アクセス
節税について - 相続の基礎知識

相続の基礎知識

節税対策

「節税」とは、生前贈与を利用して相続税の納税額そのものを減らすことを指します。
相続税節税のポイントは、相続税を減らせる要素を知ることです。そのためには、相続税の対象となる財産がいくらあるのかが、最大のポイントになります。そこから、基礎控除額を差し引いた残額があれば、それが課税対象となるため、相続税が算出できます。算出した相続税をそれぞれの相続人の相続財産額に応じて按分し、各人の状況に応じた税額控除を行うことで、最終的な納税額が決まります。

節税対策のポイント

POINT1:課税対象の財産を減らす
POINT2:基礎控除額を増やす
POINT3:税率を下げる

→相続税の負担を少なくする各種方法について詳しく知りたい方はこちら

払い過ぎた相続税を取り戻す!

払い過ぎた相続税を取り戻せたり、相続税還付が認められる事由のほとんどが土地の評価です。土地の評価は、その土地の形状や周囲の状況等の様々な要因を総合的に考慮して評価額を決定することが求められます。そのため、相続税に不慣れな人が相続税の課税対象となる土地の評価を適切に行うことは困難です。土地の評価を見直した時に大幅な評価減をして、相続税還付・減額の対象になる人が多く、還付額が数百万円~数千万円単位であるケースもみられます。
→相続税の取戻し方について詳しく知りたい方はこちら(⑤相続によって発生した相続税のうち、払い過ぎた税金を還付する相続税還付についてへリンク)