死後のペットが心配 - 相続の基礎知識

初回無料相談
まずはお気軽にご相談ください

全国対応可

アクセス

このケースの問題点

自分が死んだ後に遺されるペットの世話を託したい。

ここでは【負担付遺贈】が考えられます。「ペットの世話をしてもらう対価として財産の一部を贈る」という内容を遺言書に遺すというものです。つまり負担(ペットの世話)を条件に財産を遺贈します。

ここで大事になるのは、本当にペットをかわいがってくれる人を選び、承諾を得ておかなくてはならないことです。通常ならば親族にお願いしたいところですが、動物が好きでない人を選んで、遺贈を放棄されてはペットがかわいそうです。
また、遺贈を受けた人(受遺者)がちゃんと世話をしているかを監督する人を決めておくことも重要です。もしも財産だけもらってペットを蔑ろにされるなどの状態になれば、遺贈の意味がありません。そうならないために、遺言書で遺言執行者を指名しておきます。
遺言執行者は、もし相続人がペットの世話を約束どおり行わないときに、相当の期間を定めて履行の請求をすることができます。

初回無料相談
まずはお気軽にご相談ください

  • 土・日・祝日も受付中

  • 平日の夜もご相談可能

  • 全国対応可

  • 税理士法人アイユーコンサルティング 事業承継サイト
  • 顧問先の相続・事業承継問題にお悩みの税理士の先生方へ… IUダイレクト
  • 税理士法人アイユーコンサルティング Facebook
  • 税理士法人アイユーコンサルティング LP
  • 無料で簡単 3ステップ簡単見積もり
  • IU相続クラブ
  • アイユーミライデザイン
  • 相続問題で頼りになる税理士セレクト100
  • メディア取材の問い合わせ
  • リクルートサイト
  • リクナビ
  • マイナビ