二世帯住宅に変更すると小規模宅地等の特例の対象となります - 相続の基礎知識

初回無料相談
まずはお気軽にご相談ください

全国対応可

アクセス

自宅の中で行き来できるタイプの二世帯住宅の場合は同居していることになるため、その土地全体が小規模宅地等の特例の対象となります。

注意点

・親が所有する土地に別々で生活をする2棟の家を建てた場合、子が居住する部分の土地については小規模宅地等の特例が適用できません
・玄関が2つあり、中で繫がっていないそれぞれ独立しているタイプの二世帯住宅も、特例を受けるための条件が厳しくなります(ただし、2013年度税制改正により2014年1月1日以降の相続については要件が緩和されているので、適用については別途確認が必要となります。また、区分登記がされている場合は被相続人の居住部分のみが対象となります。)
・二世帯住宅を相続した子は、相続税の申告が終わるまで居住していることが条件であるため、相続開始直後に貸したり売却したりすることは控えましょう

初回無料相談
まずはお気軽にご相談ください

  • 土・日・祝日も受付中

  • 平日の夜もご相談可能

  • 全国対応可

  • 税理士法人アイユーコンサルティング 事業承継サイト
  • 顧問先の相続・事業承継問題にお悩みの税理士の先生方へ… IUダイレクト
  • 税理士法人アイユーコンサルティング Facebook
  • 税理士法人アイユーコンサルティング LP
  • 無料で簡単 3ステップ簡単見積もり
  • IU相続クラブ
  • アイユーミライデザイン
  • 相続問題で頼りになる税理士セレクト100
  • メディア取材の問い合わせ
  • リクルートサイト
  • リクナビ
  • マイナビ