無料相談受け付けます!
遺言を無視することは可能? - 相続の基礎知識

相続の基礎知識

サイトマップ

福岡での相続支援実績多数
税理士法人アイユーコンサルティング
福岡事務所

〒812-0013
福岡市博多区博多駅東2-10-16 川辺ビル4F
TEL:0800-111-7520/ FAX:092-433-7521

税理士法人アイユーコンサルティング
北九州事務所

〒802-0081
北九州市小倉北区紺屋町9-1 明治安田生命小倉ビル12階
TEL:093-531-7520 / FAX:093-531-7519

税理士法人アイユーコンサルティング
関東事務所

〒350-1123
埼玉県川越市脇田本町30-2 醍醐ビル3F
TEL:049-241-7520 / FAX:049-241-7522

事例ケース

相続財産(遺産) 相続人 問題点
全財産
子供4人
1.夫が「妻に全財産を相続させる」という手書きの遺言書(自筆証書遺言)を残した
2.子供が4人いるが、あまり仲が良くなく財産分けで揉めそう
3.子供が揉めずに財産分けをするのであれば、妻は遺言を無視するとのこと

このケースの解決事例

有効な遺言書があっても、それに従わなくても問題は無いのでしょうか?
実は、正式な遺言書があるのならば遺産分割協議の余地も無いという最高裁の判決があります。

ただし実務は、相続人全員が合意した場合、それに対して訴える人がいないため問題が生じません。

法律上では、受遺者(遺言による財産の受取人)全員が遺言を放棄すれば、全ての遺言が失効するので相続財産全てが相続人のものとなり、あらためて相続人全員で遺産分割協議をすると考えます。

また遺言書どおりでない遺産分割協議書になったとしても、登記所も銀行も全く分かりません。

お問い合わせ

TEL:0800-111-7520(フリーコール)

税理士法人 アイユーコンサルティング 福岡事務所

〒812-0013
福岡市博多区博多駅東2-10-16 川辺ビル4F
TEL:0800-111-7520 / FAX:092-433-7521

税理士法人 アイユーコンサルティング 北九州事務所

〒802-0081
北九州市小倉北区紺屋町9-1 明治安田生命小倉ビル12階
TEL:093-531-7520 / FAX:093-531-7519

税理士法人 アイユーコンサルティング 関東事務所

〒350-1123
埼玉県川越市脇田本町30-2 醍醐ビル3F
TEL:049-241-7520 / FAX:049-241-7522

岐阜でWebと言えば、株式会社リーピー!