無料相談受け付けます!
贈与税について - 相続の基礎知識

相続の基礎知識

サイトマップ

福岡での相続支援実績多数
税理士法人アイユーコンサルティング
福岡事務所

〒812-0013
福岡市博多区博多駅東2-10-16 川辺ビル4F
TEL:0800-111-7520/ FAX:092-433-7521

税理士法人アイユーコンサルティング
北九州事務所

〒802-0081
北九州市小倉北区紺屋町9-1 明治安田生命小倉ビル12階
TEL:093-531-7520 / FAX:093-531-7519

税理士法人アイユーコンサルティング
関東事務所

〒350-1123
埼玉県川越市脇田本町30-2 醍醐ビル3F
TEL:049-241-7520 / FAX:049-241-7522

贈与税とは

相続税も贈与税も、共に財産を譲り受けた(相続人)側に支払う義務のある税金ですが、大きく違うのは、相続税は財産を譲る人(被相続人)が亡くなっているのに対して、贈与税は財産を譲る人(被相続人)が存命である点です。また、税金の基礎控除の額や、課税金額にも相続税と贈与税で大きな違いがあります。贈与税は、相続税逃れがないように考えられた税法であり税率が高めに設定されているため、注意が必要です。

贈与税の控除について

贈与税は、基礎控除により年間110万円まで税金がかかりませんが、それ以上の財産を受け取ると発生し、その税率も1,000万円以上の受け渡しで50%の最高税率に達してしまいます。

→贈与税額控除の各制度について詳しく知りたい方はこちら

誰が贈与税を払うのか

贈与税は、個人の死因贈与を除く贈与により財産を取得した場合に課税される国税です。贈与によって財産を取得した個人が納税義務者となりますが、贈与税の税負担の公平を図るため、社団等や公益法人等も個人とみなして納税義務者になることがあります。また贈与税の納税者義務は、財産を譲り受けた時点で、相続人の住所が日本国内にある場合と国外にある場合とで異なります。
→贈与税を納める人について

どの財産に贈与税を払うのか

贈与によって取得したすべての財産(本来の財産)と、本来の財産同様の経済的利益を伴うとみなされるもの(みなし財産)について、贈与税が課税されます。
→どのような種類の財産が課税されるかについて詳しく知りたい方はこちら

財産がどう評価されるのか

贈与税のかかる財産は、相続税がかかる財産とほぼ同じです。ただ、贈与税は無償での財産の取得を前提として設けられているため、相続税のように債務控除(マイナスの贈与財産)という考え方はありません。
→財産の評価方法について詳く知りたい方はこちら

どのくらい贈与税を払うか

贈与税は基礎控除という一定の控除枠が設けられており、贈与税の基礎控除額は年間110万円です。個人から年間110万円を超える財産をもらった場合に、贈与税がかかります。贈与税の税率は高く、1,000万円を超える贈与では、50%の税率が適用されます。
→贈与税の計算方法について詳しく知りたい方はこちら

どのように納税すればいいか

贈与税の申告は基礎控除の110万円を超えるとき、また贈与税の配偶者控除や、住宅取得等資金の贈与に係る非課税措置の特例を受ける人は、納付税額がない場合でも申告が必要です。
→贈与税の申告のやり方について

お問い合わせ

TEL:0800-111-7520(フリーコール)

税理士法人 アイユーコンサルティング 福岡事務所

〒812-0013
福岡市博多区博多駅東2-10-16 川辺ビル4F
TEL:0800-111-7520 / FAX:092-433-7521

税理士法人 アイユーコンサルティング 北九州事務所

〒802-0081
北九州市小倉北区紺屋町9-1 明治安田生命小倉ビル12階
TEL:093-531-7520 / FAX:093-531-7519

税理士法人 アイユーコンサルティング 関東事務所

〒350-1123
埼玉県川越市脇田本町30-2 醍醐ビル3F
TEL:049-241-7520 / FAX:049-241-7522

岐阜でWebと言えば、株式会社リーピー!