無料相談受け付けます!
死後のペットが心配 - 相続の基礎知識

相続の基礎知識

サイトマップ

福岡での相続支援実績多数
税理士法人アイユーコンサルティング
福岡事務所

〒812-0013
福岡市博多区博多駅東2-10-16 川辺ビル4F
TEL:0800-111-7520/ FAX:092-433-7521

税理士法人アイユーコンサルティング
北九州事務所

〒802-0081
北九州市小倉北区紺屋町9-1 明治安田生命小倉ビル12階
TEL:093-531-7520 / FAX:093-531-7519

税理士法人アイユーコンサルティング
関東事務所

〒350-1123
埼玉県川越市脇田本町30-2 醍醐ビル3F
TEL:049-241-7520 / FAX:049-241-7522

事例ケース

このケースの問題点

自分が死んだ後に遺されるペットの世話を託したい。

このケースの解決事例

ここでは【負担付遺贈】が考えられます。「ペットの世話をしてもらう対価として財産の一部を贈る」という内容を遺言書に遺すというものです。つまり負担(ペットの世話)を条件に財産を遺贈します。

ここで大事になるのは、本当にペットをかわいがってくれる人を選び、承諾を得ておかなくてはならないことです。通常ならば親族にお願いしたいところですが、動物が好きでない人を選んで、遺贈を放棄されてはペットがかわいそうです。
また、遺贈を受けた人(受遺者)がちゃんと世話をしているかを監督する人を決めておくことも重要です。もしも財産だけもらってペットを蔑ろにされるなどの状態になれば、遺贈の意味がありません。そうならないために、遺言書で遺言執行者を指名しておきます。
遺言執行者は、もし相続人がペットの世話を約束どおり行わないときに、相当の期間を定めて履行の請求をすることができます。

お問い合わせ

TEL:0800-111-7520(フリーコール)

税理士法人 アイユーコンサルティング 福岡事務所

〒812-0013
福岡市博多区博多駅東2-10-16 川辺ビル4F
TEL:0800-111-7520 / FAX:092-433-7521

税理士法人 アイユーコンサルティング 北九州事務所

〒802-0081
北九州市小倉北区紺屋町9-1 明治安田生命小倉ビル12階
TEL:093-531-7520 / FAX:093-531-7519

税理士法人 アイユーコンサルティング 関東事務所

〒350-1123
埼玉県川越市脇田本町30-2 醍醐ビル3F
TEL:049-241-7520 / FAX:049-241-7522

岐阜でWebと言えば、株式会社リーピー!